ルーフィング

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。

気になるルーフィング

先日、積水ハウスと三井ホームの展示場を訪れました。今考えているプランでどれくらいかかるか知りたかったので聞いてきました。その中で最近気になるルーフィングについて聞いてみました。ちなみに一条工務店は他のブロガーさん情報によると改質アスファルトルーフィングらしいです。

積水ハウスでは

営業さんに調べてもらったところ、改質アスファルトルーフィングを使っているということでした。最初に聞いたときはアスファルトルーフィングといっていたので、期待外れかなと思いましたが、よくよく聞いてみると、保証は永久に切れませんとのこと。普通のアスファルトルーフィングで劣化しないということはないと思うので、もしかしたら改質アスファルトルーフィングかもしれません。資料ももらいましたがこの点をどこにも載せていません。ちょっと残念です。よく分からないので、商品名を調べてもらうことにしました。シャーウッドのテクニカルカタログの画像にルーフィングが載っている画像があり、「シズレキ」と書いてあります。調べてみると静岡瀝青工業株式会社という会社らしい。こちらの会社でも、アスファルトルーフィングと改質アスファルトルーフィング両方を取扱しています。やはり商品名を調べてみないと分かりません。

土曜日に打ち合わせをしたので、聞いてみました。すると、改質アスファルトルーフィングということでした。50年は耐久性を期待できるということでした。ただし、営業さんの言うことなので話半分です。やはり商品名を知りたいところです。また、確認したいと思います。

三井ホームでは

この日は、2軒のハウスメーカーを巡りました。お次は三井ホームです。三井ホームでは、カタログにルーフィングを載せてありました。三井ホームはこういうところにも気を付けているんですね。三井ホームは改質アスファルトルーフィングでした。他社製品は使わずに自社製品のMルーフィングというものを使用していました。改質アスファルトルーフィングなので30年はもちそうです。また、積水ハウス同様保証は永久ですと言われました。

どちらのメーカーも

どちらのメーカーでも保証は永久といわれましたが、うーん、これは文書にして残しておくべきですね。改質アスファルトルーフィングでも、耐用年数は30年ほどらしいですし、いや、その時までどちらの会社も残っているかどうかわからないですかね。

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。