着工59日目 Mルーフィング施工

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。

着工59日目 Mルーフィング施工

Mルーフィングが施工されていました。屋根の上が黒いシートで覆われています。これで雨の心配が少し減ります。風が吹くとダメですが…。早く、外壁にVFフェルトが施工されて、窓が入ってほしいです。

 

Mルーフィングとは

三井ホーム仕様の改質アスファルトルーフィングの一種です。
ルーフィングとは屋根の防水シートになります。屋根材(瓦)はそもそも雨の侵入を完全に防ぐものではなく太陽光や風などから屋根を守る目的で張られています。主に、防水を行うのはこのルーフィングということになります。雨漏りが起きるときはこのルーフィングの耐久性に限界が来たときにおこります。かなり重要な部材なのです。

そしてルーフィングには、主に2種類あります。
①アスファルトルーフィング
②改質アスファルトルーフィング

①アスファルトルーフィングは不敷布にアスファルトを浸透させたもので、耐久性は15年から20年といわれています。
②改質アスファルトルーフィングは不敷布にアスファルトにゴムを混ぜたものを浸透させたもので、耐久性は30年ほどということです。

三井ホームはこの改質アスファルトルーフィングの一種です。なぜ一種と書いたかというと、三井ホームのMルーフィングの耐久性は50年以上!ということらしいです。よくよく調べてみるとMルーフィングを作っている会社はルーフィングの大手!田島応用化学工業です。田島応用化学工業さんのサイトでも耐久性は60年以上と謳っている商品もあるようですし、ちょっと安心です。

アーチはアーチでも

こちらは窓のアーチ、窓には防水シートが張ってあります。

こちらは玄関のアーチ、防水シートは貼ってありません。

上棟・ルーフィング施工までの期間は7日ほど

クレーンでの作業が始まってからルーフィングが施工されるまでの期間はおよそ7日かかりました。この7日間は雨が降らないように祈るような気持でした。ルーフィングが施工されると、雨漏りの心配はしなくていいのかなと思います。あとは、窓がつくことと、外壁のVFフェルトが施工されるととこまでで防水はほぼ考えなくてよくなると思います。

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。