cml

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。

経過

2017年

2017年に、健康診断で中性脂肪(恥ずかしながら)が引っかかる。うちの職場は健康診断で引っかかると医者に行かなければなりません。この時は、しばらく、健康的な生活をしてから内科を受診しました。

受診するまでに健康的な生活をしていたおかげで、中性脂肪値は下がっていて問題なし。しかし、この時に、白血球数が1万(記憶では)と少し高いことを指摘される。激しい運動をしているか尋ねられる。この時は、100mの「全国統一かけっこチャレンジ」なるものに出ようと走ったりしていたので、それを伝えると。医者も「だからかなあ」ということでこの時はスルーしました。

今思い返せばこの時から数値的には上昇し始めていたのかもしれません。

2018年9月11日、12日

今回、8月の健康診断で再度中性脂肪値が引っかかり((-_-;))、またまた、近くの内科を受診し血液検査をしました。翌日の朝、職場にいると見知らぬ電話番号から電話がかかってきました。出てみると内科から電話がかかり、白血球数が高いのですぐに大きな病院を受診したほうがいいとのことでした。相談して一度、その内科をもう一度受診することに。

実は三井ホームブログのSchönen Liebe!さん

を読んでいたこともあり、(すいません。勝手に名前を出して)、もしかしてこれかなあ?なんて、そこまで深刻には考えずにいました。それでも、なんだろうと考えてはしまいますが…

内科に行って、血液検査の間違いの可能性もあるからということで、もう一度血液検査をその場でしてもらったところ、白血球数が4万という値がでました。やはりこれは、大きなところを受診したほうがいいということで紹介状を書いてもらいました。すぐに行ったほうがいいということで、翌13日には行くことになりました。

職場に電話して9月12日の経緯を伝え、13日にお休みをもらうことに

2018年9月13日

近くの大学病院を受診しました。やはり白血球数が4万と高いことから、骨髄穿刺(マルク)をすることになりました。

麻酔はしましたが、骨までは麻酔が利かないということで、そこそこ強い痛みがありましたが無事終了。2週間後に結果が出るということでこの日は終了しました。

2018年9月27日

診断が出て、慢性骨髄性白血病(cml)でした。急性ではなかったことが救いでしたが、なかなかにショックでした。薬をグリベックやその他のものから選べるということでしたが、副作用等そこまで深く調べていなかったので、医師にお任せし、スプリセルに決まり、2週間後に様子を見ることになりました。

この日は一度職場に出勤し、診断名を伝える。

2018年10月11日

大学病院を受診し、血液検査をすると、白血球数4万が6千にさがり、平常値だね。ということになりました。薬が効いてよかったです。次は1か月後に様子を見ようということになりました。薬代がめちゃ高いので、3か月分の薬を出してほしい旨を伝えると、今は薬の飲み始めだから次回からは検討してみようということになる。

がん保険に入っているので、一時金が出るらしいので診断書をお願いしました。

健康診断

白血球数が高いと、基本的に白血病が疑わしいようです。検索してみても他に病名があまりヒットしません。うちの職場の健康診断はよーく読んでみると「生活習慣病検診」と書いてあります。生活習慣病を見つける検査のようです。白血球数は血液検査で調べていませんでした。

もし中性脂肪値で引っかかっていなかったら…・もしかしたら、病気が進行してから発見していたかもしれません。これからは健康診断ではなくて人間ドックを受診しようと心に決めました。

皆さんも健康診断で何を見ているのか、しっかり確認したほうがいいとおもいます。

これから

まずは寛解を目指して薬を飲み続けたいと思います。その後、休薬試験に参加できたらなあ。また、完治を目指す医療も進行中のようですので、見守っていきたいと思います。とりあえずすぐに急性にならないようなので一安心です。

 

 

 

いつも応援ありがとうございます。ブログ村のランキングに参加しています。